プレスリリース配信先

プレスリリースの配信先

配信ネットワークには、通信社・新聞社・一般/専門紙(誌)・オンライン/ソーシャル/データベース/検索エンジン・テレビ/ラジオ局・投資機関・格付会社・証券取引所・金融監査機関など、さまざまなオーディエンスが含まれています。これらの配信先メディアは、各国の地域事情に精通した専任のメディアリレーションにより、新規開拓・更新されています。

 

配信方法

プレスリリースの配信方法は、通信社端末やポータルサイト・ソーシャルメディアへの直接掲載からEmail配信まで、各国のメディア事情や受け取り手に合った手法を採用しています。

 

主な配信先のメディア概要

 

 

China 中国  
新華社   人民日報
Xinhua News Agency   People's Daily
国営通信社   新聞
中国国営通信社。前身の紅色中華通訊社は1931年に設立され、1937年に現在の名称に改名。国務院直属の機関として、政府の情報や方針、見解を公表する役割を担う。中国語に加え、英語、フランス語、ロシア語、スペイン語、アラビア語、ポルトガル語、日本語でも情報発信を行っており、日刊紙「参考消息」など複数の系列媒体を持つ。   1948年に創刊した中国共産党公式の機関紙。公式ウェブサイトによると発行部数は300万部。オンライン版の「人民網」とあわせて、英語や日本語、フランス語、スペイン語、ロシア語、アラビア語などの各国版を展開。環球時報や証券時報などの系列紙を擁する。

 
中國中央電視台(CCTV)   搜狐
China Central Television   Sohu
テレビ   オンライン
1958年に別称にて開局した国営放送のテレビ局で、中国政府のプロパガンダの役割を担う。約50のテレビ番組の放送内容はニュースだけではなく、ドラマやコメディ、エンタメなど多岐に渡る。中国語を含む6言語に対応していたが、外国語(英語、フランス語、スペイン語、アラビア語、ロシア語)での放送は中国国際電視台(China Global Television Network, CGTN)に改名された。   中国最大手ポータルサイトのひとつ。公式ウェブサイトによると1996年に創業し、2年後に中国で初めての検索エンジンをローンチ。2015年の時点でモバイル版(m.sohu.comとSohu News App.)のユニークビジター数が5,000万に達した。現在では、検索エンジン「捜狗(sogou.com)」、動画サイト「捜狐視頻(tv.sohu)」、子会社のオンラインゲーム開発企業「畅游」と同社が運営するゲームポータル「17173.com」などのサービスを提供している。

 
新浪    
Sina    
オンライン    
中国最大手ポータルサイトのひとつ。2009年にはミニブログ「新浪微博」を運営開始し、その月間アクティブユーザー数(MAU)は、2017年9月の時点で3億7,600万、そのうち9割以上がモバイル端末のユーザーといわれている。    

   
その他メディアは、中国・サーキットのメディアリスト をご覧ください。
HongKong.png 香港  
South China Morning Post   明報
    Ming Pao
新聞   新聞
1903年からの長い歴史を持つ香港大手の日刊英字紙。日曜版「Sunday Morning Post」やオンライン版とあわせた購読者は33万程度。   1959年に創刊した繁体字中国語の日刊紙で、中立的な論調であるとされる。香港の中国語新聞のなかではもっとも信頼性の高い新聞という香港中文大學が行った調査結果もある。

 
電視廣播(TVB)   香港經濟日報網
Television Broadcasts   Hong Kong Economic Times
テレビ   オンライン
1967年に放送開始した民放のテレビ局。翡翠台 (TVB-Jade、広東語放送) 、明珠台 (TVB-Pearl、英語放送)、TVB J2 (無綫電視J2、エンタメ関連)、無綫新聞台(TVB News Channel、24時間ニュース放送)、無綫財經 資訊台(TVB Finance & Information Channel、24時間ビジネス情報放送) の計5波を持ち、公式ウェブサイトによると、年間で計700時間以上のドラマと2万3,000時間以上のニュースやバラエティ、旅行番組、情報、エンタメ番組を放映している。   1988年に創刊した広東語ビジネス日刊紙で、Nielsen Media Index 2017によると香港でトップを誇る経済紙(同社公式ウェブサイトより)。ニュースサイトhket.comも影響力が大きく、SimilarWebでは国内ウェブランキング73位を誇る。香港經濟日報集團は、2005年に香港証券取引所への上場を果たした。

 
Lifestyle Asia    
     
オンライン    
25歳から45歳をターゲットとしたライフスタイル系ニュースサイトで、同社資料によると、月400万ページビュー、80万MV、14万のメール購読者、4万のインスタグラムフォロワーを擁する。香港版のほかにも、シンガポール、バンコク、クアラルンプール版もある。    

   
その他メディアは、香港・サーキットのメディアリスト をご覧ください。
Taiwan.png 台湾 ※薬事関連のプレスリリースは、一部メディアに配信できない可能性があります。
中央通訊社   聯合新聞 (UDN)
Central News Agency   United Daily News
国営通信社   新聞
1924年に設立された台湾唯一の国営通信社で、オーディオ・ビデオニュース「全球視野」(CNA Global View)、英語ニュースサイト「Focus Taiwan」、雑誌「全球中央」などの媒体も持つ。同社公式情報によると一日のニュース量は1,600本で、世界に30名ほどの特派員がおり、100媒体以上にニュース提供を行っている。台湾の国語(中国語)のほかに、日本語、英語、スペイン語で発信する。   台湾の大手日刊紙のひとつ。1951年に全民日報、民族報、経済時報があわさった「聯合版」という名で創刊した。現在では、聯合報、聯合晚報、經濟日報、台北捷運報(Upaper)なども発行しており、同社ウェブサイトによると、オンライン版 udn.com の1日のユニークビジター数は約470万と、他紙のウェブサイトを抜いて1位となっている。

 
自由時報   中國電視(CTV)
Liberty Times   China Television
新聞   テレビ
台湾の大手日刊紙のひとつで、1980年創刊の「自由日報」から1987年に改名した。実際は、1946年からの「臺東導報」など古くからの前身を持ち、どちらかといえば台湾本土派の新聞とされている。英語版の「Taipei Times」も発行している。   1969年に正式に開局した地上波テレビ局。2005年に民営化されるまでは、中国国民党が経営権を握っていた。現在は、中国時報が大株主。台湾電視、中華電視とあわせて三大老舗テレビ(老三台)と言われている。

 
HiNet    
     
オンライン    
台湾最大の電気通信企業である中華電信が運営するポータルサイト。SimilarWebによる国内ランクは29位。ニュースセクションは、CNAなど26のメディアから記事提供を受けて掲載している。    

   
その他メディアは、台湾・サーキットのメディアリスト をご覧ください。
Korea.png 韓国 ※オンラインギャンブル・短期ローン・ネットワークビジネス関連のプレスリリースは、一部メディアに配信できない可能性があります。
聯合ニュース   朝鮮日報
Yonhap News Agency   The Chosun Ilbo
通信社   新聞
1980年に設立した韓国を代表する通信社。同社のウェブサイトによると、国内に20都市、世界では33都市にの取材拠点を持ち、記者の数は600名を超える。オンライン版は、中国語、日本語、アラビア語、スペイン語、フランス語でも展開されている。   1920年に創刊した国内で最も長い歴史を持つ日刊紙のひとつで、同社ウェブサイトによると、国内で有料部数100万部を超える唯一の新聞紙。オンライン版の月間ユニークビジター数は160万程度。2011年には総合編成チャンネル「TV朝鮮」を開局した。

 
韓国放送(KBS)   Naver
Korean Broadcasting System    
テレビ   オンライン
1973年に開局した公共放送局。同社ウェブサイトによると、国内に18の放送局と海外に11拠点を持ち、900名を超えるプロデューサー、600名近くのレポーターがいる。ニュース・時事を扱うRadio1や家族向けエンタメ中心のRadio2などのラジオ局、ニュース・時事中心の1TVや家族向け、文化的エンタメ中心の2TVなどの地上波チャンネル、女性向けコンテンツ中心のKBS Wやハイクラス向けのKBS Primeなどのケーブルテレビ、KBS World TVやKBS World Radioなどの国際放送などを展開している。   1999年に設立された韓国最大の検索ポータルサイトで、コミュニティサイト、オンラインショッピングモール、ニュース、動画など様々なコンテンツをサイト内で提供している。SimilarWebではローカルランク第1位。4,200万人の登録者を持ち、同国の検索市場の70%以上を占める。

 
Daum    
     
オンライン    
1999年に開設された国内第2位のオンラインポータルサイトで、フリーメール(Hanmail.net、Daum.net)やコミュニティサイトDaum Cafeで支持を得た。NAVERと同じく、ニュース、オンラインショッピングモール、ブログ、地図検索機能などを提供している。2014年にメッセンジャーアプリカカオトークを運営するカカオと合併した。    

   
その他メディアは、韓国・サーキットのメディアリスト をご覧ください。
Singapore.png シンガポール  
ザ・ストレーツ・タイムズ   THE BUSINESS TIMES
The Straits Times    
新聞   新聞
シンガポール2大メディア企業のひとつであるシンガポール・プレス・ホールディングス(SPH)が発行するシンガポール最大級の発行部数を持つ日刊英字紙で、1845年に創刊という長い歴史を持つ。自社サイトによると、日曜版のThe Sunday Timesとあわせ自社サイトによると、購読者数は383,600(デジタル版を含む)。   シンガポール2大メディア企業のひとつであるシンガポール・プレス・ホールディングス(SPH)が発行するシンガポール最大級の発行部数を持つ日刊ビジネス英字紙で、1976年にThe Straits Timesの付録版として創刊された。自社サイトによると、購読者数は56,000(デジタル版を含む)。

 
Channel NewsAsia   AsiaOne
     
テレビ   オンライン
1999年に、シンガポール2大メディア企業のひとつであるメディアコープ(MediaCorp)により設立された英語専門アジアニュース専門のテレビ局。Mediacorp系のテレビやオンライン向けに、マレー語や中国語、タミル語でもニュースコンテンツ制作を行っている。   シンガポール2大メディア企業のひとつであるシンガポール・プレス・ホールディングス(SPH)が運営する大手ニュースサイト。1995年に開設。オリジナル記事にくわえ、Berita HarianやThe Straits Times、The Business Times、Her World など自社媒体のコンテンツのほか、AFPやReutersなど外部からのコンテンツも掲載している。2017年末に閉鎖の報道も一部出たが、2018年2月の時点ではまだ運営を継続している。

 
TODAY    
     
オンライン    
シンガポール2大メディア企業のひとつであるメディアコープ(MediaCorp)が運営するニュースサイト。2000年に創刊し、一時期は70万部を超える発行部数を誇る無料の日刊英字紙だったが、2017年9月にデジタル版へ完全移行した。    

   
その他メディアは、シンガポール・サーキットのメディアリスト をご覧ください。
Malaysia.png マレーシア ※ギャンブル・アルコール・タバコ・ドラッグ・性的表現を含む内容、またはLGBT関連のプレスリリースは、一部メディアに配信できない可能性があります。
ベルナマ通信   ニュー・ストレーツ・タイムズ
Pertubuhan Berita Nasional Malaysia (BERNAMA)   New Straits Times
国営通信社   新聞
通信マルチメディア省傘下の国営通信社。1968年に設立され、同社のウェブサイトによると国内・海外に300以上の記者を擁する。24時間ラジオ局や、マレー語、英語、中国語、タミル語対応のテレビニュースチャンネルも運営している。   1845年にThe Straits Timesとして創刊し、1974年に現在の名前で再創刊した、国内最古の日刊英字紙。日曜版のNew Sunday Timesや電子版もある。紙媒体の発行部数はNew Straits Timesが約4万5,000部、日曜版が約5万部。

 
Harian Metro   Radio Television Malaysia(RTM)
     
新聞   テレビ
1991年に創刊したマレー語の日刊紙。発行部数は紙媒体が約13万3,000部、電子版は約2万7,000部で、同社の発表によると、オンライン版の年間ユニークブラウザ数は約4,800万。   1946年にラジオ放送を、1963年にテレビ放送を開始したマレーシアの公共放送局。TV1, TV2, Tviのテレビチャンネルのほかに、ラジオ局を30以上有し、マレー語、英語、中国語、タミル語の他に、地域によってはカダザンやバジャウなど他民族の現地語にも対応している。

 
Malaysiakini    
     
オンライン    
1999年にローンチしたニュースサイトで政治的、時事的なニュースを主に扱う。マレーシアのメディアとしてはめずらしく政府のメディア規制を受けない独立系メディアとして知られる。同社ウェブサイトによると月あたりのユニークユーザー数は120万で国内最大手。マレー語のほかに、英語、中国語、タミル語にも対応。    

   
その他メディアは、マレーシア・サーキットのメディアリスト をご覧ください。
Indonesia.png インドネシア ※ギャンブル・ドラッグ・性的表現を含む内容、またはLGBT関連のプレスリリースは、一部メディアに配信できない可能性があります。
アンタラ通信   Kompas
Antara News    
国営通信社   新聞
1937年に設立された国営通信社。同社ウェブサイトによると国内に30以上の拠点を持つ。1996年にローンチしたオンライン版にはバリやジョグジャカルタなど31の地域版ポータルサイトがあるほか、テレビ局「ANTARA TV」や金融情報サービス「IMQ」なども運営している。   1965年創刊の大手日刊紙。発行部数は国内最大といわれ、約50万部程度。かつては地域版も存在したが、今は全国版のみにまとまっている。オンライン版はKompas Onlineという名称で1995年にローンチされたが、2008年に現在のKOMPAS.comに改名し、リデザインされた。

 
ジャカルタポスト   Televisi Republik Indonesia(TVRI)
The Jakarta Post    
新聞   テレビ
1983年に創刊した日刊英字紙。在尼外国人だけではなく、現地の知識階級や中流階級層の読者もいる。土曜日は、ライフスタイル・カルチャー誌J+が付録版として含まれる。2017年から、オンライン版で有料コンテンツのプレミアム版の提供を開始した。   1962年に開局した国営放送会社。全国、ローカル、スポーツ、文化・観光などのチャンネルと20以上の地方局という国内最大級のネットワークを持つ。1974年に情報省の一部となってから1989年に民間企業が放送サービスを開始するまでは一局独占体制だった。

 
detikcom    
     
オンライン    
1998年にローンチした大手ニュースサイト。SimilarWebでは2億4,000を超えるビジター数を擁し国内ランキング7位とメディアとしてはトップで、大きな影響力を持つ。大まかに、速報、金融、話題のトピックス、テクノロジー、スポーツ、自動車、旅行、グルメ、健康、美容、フォーラムといった10以上のセクションに分かれ、政治・時事ニュースを扱うPasangmata.comなどの姉妹サイトもある。    

   
その他メディアは、インドネシア・サーキットのメディアリスト をご覧ください。
Thailand.png タイ ※タイ王室や政治に関するプレスリリースは、一部メディアに配信できない可能性があります。
タイ通信社(MCOT)   Bangkok Post
Thai News Agency    
国営通信社   新聞
1977年に設立された国営通信社。国営メディア企業のオーソーモートーにより運営されており、同社の運営するテレビやラジオなどのコンテンツ制作も担っている。   1946年にアメリカ人とタイ人のジャーナリスト集団により創刊された日刊英字紙。現存する英字紙の中では最古。同社ウェブサイトによるとオンライン版の月あたりのページビューは800万で、タイ以外からのアクセスが半数以上を占める。

 
タイラット   チャンネル 9 MCOT HD
Thai Rath   Channel 9 MCOT HD
新聞   テレビ
1962年に創刊した日刊紙。タイ語での新聞としては最古で、国内で最大の発行部数を誇る大衆紙。社会ニュース・政治・経済と、スポーツ・エンタメの2部構成となっている。公称の発行部数は100万部。   1955年に開局した国内初の地上波テレビチャンネル。国営メディア企業のオーソーモートーにより運営されている。放送内容はドラマ、情報番組、子供向け番組など多岐にわたっている。

 
Sanook.com    
     
オンライン    
1998年に開設された国内最大手のバラエティ系ポータルサイト。月間アクティブユーザーは3,000万を超えるとも言われる。2016年に中国のTencent(騰訊)が買収し、Tencent Thailandへの社名変更された。    

   
その他メディアは、タイ・サーキットのメディアリスト をご覧ください。
Vietnam.png ベトナム ※暴力・ギャンブル/カジノ・タバコ・アルコール・仮想通貨・性的表現を含むプレスリリースは、一部メディアに配信できない可能性があります。
ベトナム通信   ニャンザン
Vietnam News Agency   Nhân Dân
国営通信社   新聞
1945に開設された国営通信社で、ベトナム共産党政府の情報や方針、見解を公表する役割を担う。編集部は、国内、外信、対外国内情報発信、経済、写真の5部に分かれている。対外発信は、英語、フランス語、スペイン語、中国語に対応している。   1951年からの古い歴史を持つベトナム共産党の機関紙。発行部数22万部の日刊版のほかに、週末版が月刊紙もある。Nhan danオンライン版は、ベトナム語、英語のほかに中国語、フランス語にも対応。

 
トゥオイチェ   ベトナムテレビジョン(VTV)
Tuổi Trẻ   Vietnam Television
新聞   テレビ
1975年に創刊したホーチミン共産青年同盟の機関紙。2006年から日刊紙となった。同社情報によると、発行部数は50万部。門戸開放政策を支持し、革新派としての立場を取ってきた。オンライン版に加え、日曜版の雑誌や隔月刊のコミック誌なども発行している。   1945 年創設の国営ラジオ局VOV(Voice of Vietnam)の創設 25 周年を記念して買い査閲した国営テレビ局。ニュース/政治・経済、教育・科学、スポーツ・エンタメ、在外越人向け、少数民族向け、若者向け、若者向け教育、英語、南部向けと9種類のチャンネルに分かれている(VTV1~9)ほか、フエなどの地方チャンネルもある。

 
VnExpress.net    
     
オンライン    
2001年に同国の大手IT企業FPTコーポレーションがローンチし、1日に3000万のユーザーを擁するベトナム最大手のニュースサイト。SimilarWebの国別ランキングでは第6位(ニュースサイトとしてはトップ)。    

   
その他メディアは、ベトナム・サーキットのメディアリスト をご覧ください。
Philippines.png フィリピン  
フィリピン通信(PNA)   Philippine Daily Inquirer
Philippines News Agency    
国営通信社   新聞
1973年に創設された大統領府広報部のニュース・情報局の管理下にある国営通信社。同社の発表によると1日あたりの記事は100本程度で、2017年に「PNA Newsroom」という英語のウィークリーニュース番組をポッドキャストでローンチした。   1985年に創刊した日刊英字紙。同社のウェブサイトによると130名以上の地域特派員を擁し、1997年にローンチしたウェブサイトの1日当たりのページビューは100万程度で一ヶ月あたりのユニークユーザーは970万。マルコス政権など政治的な圧力を受けることもあり、直近では、ドゥテルテ大統領からの批判を受けて2017年にオーナーの変更があった。

 
Philippine Star   ABS-CBN
     
新聞   テレビ・ラジオ
1986年に創刊した日刊英字紙。発行部数は30万部程度。2000年に同紙のオンライン版としてローンチしたPhilstar.comに、姉妹紙BusinessWorld, Pilipino Star Nhayon, The Freeman, Pang-Masa, Banatも統合し、現在の一ヶ月あたりのユニークビジター数は83,000程度。   アジア初の民放テレビ局として1946年に開局し、1953年に本放送を開始したテレビ・ラジオネットワーク局。エンターテイメントから、スポーツ、ニュースなど幅広い内容を扱う。現在ではケーブルテレビや雑誌も発行する複合メディアグループ企業となっており、1995年にローンチしたオンライン版のabs-cbn.comは昨年5月に月間平均720万ページビュー、3.4億ページビューを記録した。FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSでも高い人気を誇っている。

 
その他メディアは、フィリピン・サーキットのメディアリスト をご覧ください。
India.png インド  
Press Trust of India (PTI)   Indo-Asian News Service (IANS)
     
通信社   通信社
1947年に設立されたインド最大の通信社で、The Indian Expressを発行するThe Express Groupや、The Hindu紙の幹部らが役員を務める非営利団体。同社ウェブサイトによると400名以上のジャーナリストと約500名の特派員を国内に擁し、1日に2,000以上の記事を配信している。ウェブサイトは英語とヒンディー語に対応。   インド系アメリカ人のGopal Rajuによって、1986年にIndia Abroad News Serviceとして設立された独立系の民間通信社。当初はインドと、北米にいるインドコミュニティ間の情報連携を目的としていたが、現在では世界中へ情報配信を行っている。ヒンディー語での情報発信が始まったのは1995年で、現在では150程度の記事がヒンディー語で配信されている。

 
The Hindustan Times   NTDV
     
新聞   テレビ
1924年に創刊されたインドを代表する日刊英字紙。発行部数は約100部。姉妹紙として、英字ビジネス紙Mintや子会社から発行されるヒンディー語の日刊紙Hindustanなどがあるほか、運営会社のHT Mediaグループは、ラジオ局Fever 104.0FMやボリウッド映画のレビュー・エンタメサイトDesimartini.comも運営している。   1988年にインドのジャーナリストPrannoy Royにより開局したテレビ放送網。同社ウェブサイトによると、100カ国以上に同社の番組が展開されており、NDTV 24x7(24時間英語)、NDTV India(24時間ヒンディー語)、NDTV Prime(24時間インフォテイメント)、NDTV Good Times(ライフスタイル)の4局に分かれている。

 
MoneyControl.com    
     
オンライン    
1999年にローンチした大手ビジネス・経済・金融情報サイトで、同社のウェブサイトによると一ヶ月あたりのビジター数は約1,700万。系列の英語ビジネスニュースCNBC TV 18の動画も掲載している。英語、ヒンディー語のほかにグジャラート語にも対応。    

   
その他メディアは、インド・サーキットのメディアリスト をご覧ください。
Australia.png オーストラリア
Australian Associated Press (AAP)   オーストラリアン
    The Australian
通信社   新聞
1935年に設立された民間通信社。メディア企業大手のNews Corp Australia、Fairfax Media、Seven West Media の合弁会社で、同社ウェブサイトによると週4,200本の独自記事を配信している。同社内のNew Zealand Newswireチームがニュージーランドの通信社として機能している。   大手メディア企業News Corp Australiaが発行する日刊全国紙。1964年創刊。読者数は平日版と土曜版合わせて10万以上で、PCオンライン版の月間PV数は2,000万、モバイルオンライン版は8万を超える。

 
シドニー・モーニング・ヘラルド   オーストラリア放送協会
The Sydney Morning Herald   ABC
新聞   テレビ
1831年に創刊した国内大手メディア企業フェアファックス・メディアの発行する日刊メトロポリタン紙。現存する日刊紙では国内最古といわれ、550万近くの購読者を持つ。論調としては保守的なスタンスで国内での影響力も大きい。   1932年に公式に設立された公共テレビ・ラジオ放送局。英BBCをモデルとしており、国営ながらメディアとしての独立性を保っている。同社公式発表によると、国内に約50、ロシア、日本、中東を含む海外には約10の拠点を持ち、メルボルンには60名の記者が在籍している。

 
Yahoo! 7    
     
オンライン    
1997年にYahoo! Australiaとしてローンチし、2006年に国内大手メディア企業Seven West Mediaとの連携開始により現在の媒体名となり、Yahoo! New Zealand版も統合された。同社の公式発表によると毎月国内人口のほぼ半数にリーチしている。    

   
その他メディアは、オーストラリア・サーキットのメディアリスト をご覧ください。
NewZealand.png ニュージーランド
ニュージーランド・ヘラルド   The Dominion Post
New Zealand Herald    
新聞   新聞
1863年に創刊した日刊メトロポリタン紙で、北東北部にあるオークランドが主要な発行地域。発行部数は1万4000部で42万超の購読者にリーチしており、オンライン版の月間約200万のユニークオーディエンスを持つ。   ニュージーランド首都ウェリントンに現存する唯一の日刊メトロポリタン紙。ローカル、国内および周辺地域のニュースを中心に掲載。1907年にThe Dominionとして創刊し、2002年にThe Evening Postと統合し、同紙が誕生した。2003年に豪大手メディア企業フェアファックス・メディアの傘下に入り、オンライン版はstuff.co.nzの一部として掲載されている。

 
Television New Zealand (TVNZ)   Stuff.co.nz
     
テレビ   オンライン
1980年にTelevision OneとSouth Pacific Television(TV2)とが統合して開局した政府認可テレビ局。1988年に政府が株式を100%所有する株式会社となった。ニュースやドラマ、ドキュメンタリーなどを放送するTVNZ 1、TVNZ 1より若い視聴者をターゲットとしてコメディ、リアリティーショーなどを放送するTVNZ 2、コメディ、ドラマ、映画、スポーツを放送するTVNZ Duke と3種のチャンネルを持つ。   豪大手メディア企業フェアファックス・メディアによって運営されているニュージーランド最大手のニュースサイト。月間のユニークビジター数は約300万で、SimilarWebではローカルランク6位と同国のニュースサイトでは最上位を誇る。同社ウェブサイトによると国内に500名以上のジャーナリストを擁する。

 
Scoop    
     
オンライン    
1999年に開設され、今では月50万の読者を持つ独立系としては国内最大のニュースサイトで、有料購読とライセンスを主な収入源としている。    

   
その他メディアは、ニュージーランド・サーキットのメディアリスト をご覧ください。